文字サイズ
標準
大きく

シワやたるみが消える?! 「肌」もウェアラブルな時代に

   ファンデーションやコンシーラーでは隠しきれないシワや目の下のたるみ。いっそもう一枚、真新しいきれいな肌を上からかぶせられたら......。某SF映画の変装シーンを彷彿とさせる願いだが、いま、かなり「現実味」を帯びてきているようだ。

薄くて見えない「第二の肌」

   2016年5月、米マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学の研究者らがまとめたある論文が「Nature Materials」オンライン版に掲載され、CNNやニューヨークタイムズほか多くのメディアに取り上げられた。

   タイトルは「An elastic second skin(弾力のある第二の肌)」。研究者らは、肌の上に見えない膜をつくる特殊なポリマーをつくり、「第二の肌」と名付けた。ポリマーの主成分は米食品医薬品局(FDA)によって安全性が認められたシロキサン(シリコン)で、肌に直接つけられる。

MITとハーバード大の研究者らが作成した薄くて弾力のある「第二の肌」。これでシワやたるみを隠せる? Photo: Melanie Gonick/MIT
MITとハーバード大の研究者らが作成した薄くて弾力のある「第二の肌」。これでシワやたるみを隠せる? Photo: Melanie Gonick/MIT

   非常に薄くて目立たないこの「第二の肌」は、肌を保護・強化するだけでなく、シワや目の下のたるみを隠す効果がある。

   画期的なのは、2.5倍に引き伸ばしても元の状態にもどる弾力性(普通の肌は1.8倍)と、素肌と見分けがつかないほど目立たないという特性だ。研究チームは性質の違う100種類以上のポリマーをつくり、もっとも弾力性があり、健康な肌に近いものを発見した。これまでにも同様の研究はあったが、今回作成したポリマーほどフレキシブルでつけごこちがよく、肌の動きに合わせて自在に伸縮するものはこれまでなかった。

「第二の肌」をつけた右目の下(向かって左側)には、シワやたるみが見えない。Photo: Olivo Labs
「第二の肌」をつけた右目の下(向かって左側)には、シワやたるみが見えない。Photo: Olivo Labs

   MITのニュースリリースに掲載されている動画では、右目の下だけにポリマーを塗った女性の顔が見られる。左目の下にはくっきりと見えるシワとクマが、右目の下にはない。目の下の皮膚を指で強くつまむと一瞬シワになるが、すぐに元のなめらかな状態に戻る。あとが残ることも、ポリマーがよれることもない。動画では、顔の右半分と左半分で肌老化の度合いが明らかに違うのである意味ホラーだが、右目の下に何かを塗っているような不自然な感じはしない。両側に塗れば、自然で、かつ10歳は若返った顔になるのではないか。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット