文字サイズ
標準
大きく

子どもが好きなペットの定番「ミドリガメ」 サルモネラ感染症を引き起こす

   公園の池や川のほとりなど、どこにでもいるミドリガメ。小さいうちは飼育がしやすく昔から子どもが好きなペットの定番でもある。最近の調査だと、日本中になんと800万匹も生息しているというが、実は、子どもの健康に悪影響を及ぼす一面もある。

身近な動物からも感染する危険あり
身近な動物からも感染する危険あり

感染後8時間は潜伏する

   カメをはじめとするハ虫類は、サルモネラという細菌に感染していることが多い。フンが感染源になることが多く、カメを直接触ったり、飼育ケースを洗ったりした手にサルモネラが付着し、それが口に入ることで感染するという。

   世界には、サルモネラ症の対策としてミドリガメ(アカミミガメ)を含むカメ類の輸入を禁止している国もある。米国では1975年以降、体長約10センチ未満のカメの販売や分与が禁止されている。飼育に対して厳しい規制がある州も多い。

   現在、日本には飼育の規制はないが、2005年に1歳と6歳の女の子がミドリガメから感染したサルモネラが原因で急性胃腸炎や敗血症、髄膜炎を患い話題になった。いまだに、ほぼ毎年のようにカメ類を感染源とするサルモネラ症は発生しているという。

   厚生労働省のウェブサイト「ミドリガメ等のハ虫類の取扱いQ&A」によると、感染すると8~48時間の潜伏期間を経て、下痢や嘔吐といった胃腸炎を起こす。乳幼児や高齢者では、病原菌が血液中に入って全身にまわる敗血症や髄膜炎といった重篤な疾患を引き起こす恐れもある。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット