文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、ICNのための英語講座25

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   毎週金曜日は、ICNと英語についてのコラムです。

M「レートとラツィオってわかりにくいですね」
I「レートとレイショ。ラツィオはイタリアのサッカーチームですよ」
M「先生、サッカーネタにぶれると大変なので本題に戻ってください」
I「(あんたが間違えたんじゃろが)・・・・」
M「日本語の訳語がピンとこないんですよね」
I「はい、なのでぼくはrateとratioとそのまま英語で使ってます。日本語だとどうしてもピンと来ないですね」
M「両者の違いをもう一度教えてください」
I「はい、難しいのは何度でも勉強しましょう。rateとratioの違いは、要するに分母の違いですよ。分母が大事なんですね」

   rateの分母は「全体」です。

男/(男と女)

   でした。ratioの分母は「分子じゃないやつ」でした。

男/女

   です。

M「わかりやすい!」
I「でしょ?(えっへん)。いずれにしても、分母が何かってのはとても大切なので、分子よりも分母に注目すると理解しやすいです。ちなみに分子はnumerator、分母はdenominatorといいます」
M「覚えられません!」
I「うーん。Nはノッポで上、Dはどん底で下ってことで分子、分母をnumerator、denominatorってのはどうでしょ」
M「いまいち。ていうか、金曜は英語やらないんじゃなかったっけ」
I「ぎくっ」

[楽園はこちら側 2016年6月17日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット