文字サイズ
標準
大きく

昼に寝すぎると夜は眠れなくなる 1歳半の幼児で確認、国内研究チーム

昼寝は気持ちいいが、長すぎるのはNGだった
昼寝は気持ちいいが、長すぎるのはNGだった

   幼児が昼寝をしすぎると夜は寝なくなる――この現象を科学的に証明した、と聖路加国際病院・小児医療センター中川真智子医師、聖路加国際大学・草川功臨床教授、国立精神・神経医療研究センター・精神保健研究所太田英伸医師、日本赤十字社医療センター・小児科大石芳久医師らのグループが発表した。

   子どもの昼寝が夜の睡眠にどう影響するか、これまでにもさまざまな研究がある。大半の研究が親や関係者へのアンケート調査によるもので、データの客観性があいまいといわれてきた。

   研究グループは、睡眠パターンの基礎がつくられる 1歳半の幼児50人を対象に、体の微妙な動きを見つけ出し、詳細な睡眠の状態を測れる機器「アクチグラフ」を着けて客観的に評価した。計測装置は腰に着けられように調整し、1週間、養育者に活動記録を記載してもらったという。

   その結果、昼寝時間が長いほど、夜間睡眠の時間が短くなり、昼寝時間が短いと夜間睡眠は長くなっていることを確認した。さらに、昼寝のタイミングや終了時間が遅いほど(夜に近いほど)、夜間睡眠時間が短くなり、寝始める時間も遅くなっていたという。

   研究者らは、夜間睡眠が極端に不足し、昼夜が逆転している幼児の養育者に、昼寝を短くするようアドバイスすることで、幼児の睡眠不足だけでなく、養育者の不安や睡眠不足を解消できる可能性もあるとコメントしている。

   発表は、2016年6月9日、英科学誌Nature系列のオープンアクセス科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
Daytime nap controls toddlers' nighttime sleep.
DOI: 10.1038/srep27246 PMID:27277329

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット