文字サイズ
標準
大きく

「見た目」を健康長寿、美容医療の新たな切り口に 日本抗加齢医学会総会2016レポート(2)  

   2016年6月12日、「日本抗加齢医学会総会」で、アンチエイジング医師団の塩谷信幸医師と山田秀和医師が座長を務めるシンポジウム「見た目とその対策」が開かれた。人間の外見、いわゆる「見た目」にエビデンス(科学的な証拠、研究結果)を与え、疾患や老化、加齢による変化を読み解こうとする、興味深い研究結果が多数紹介されている。

見た目の変化と健康は深い関わりがありそう
見た目の変化と健康は深い関わりがありそう

見た目が疾患に影響を与えることも

   最初に、座長も務める山田秀和医師が登壇し、医療における「見た目」という切り口とは、どのような考え方かを解説した。見た目にさまざまなエビデンスが用意されることで、単なる外見にとどまらず、運動や食事、脳や睡眠といった、健康に重要な要素を包括的に捉えることができるキーワードにもなると言及。見た目という概念の可能性を感じさせる発表となった。

   同時に、懸念点として挙げたのが、見た目と健康至上主義が結びついてしまい、「見た目がよくないのだから健康ではない」といった、健康の押し付けや容姿の差別が起きる可能性だ。「幸福であれば長寿になるなら、長寿のために幸福なふりをしなければいけないのか、といった考え方もできる。健康とは何か、冷静に考え直すことも必要だろう」と、過度な健康主義に注意を促した。

   続いて、三重大学の山中恵一医師は、皮膚科の立場から、見た目にも大きな影響を与えるメジャーな皮膚疾患、「乾癬」と「アトピー性皮膚炎」を取り上げ、皮膚の炎症が心血管疾患のリスクを高める、という最新の疫学調査を紹介。

   重症化した皮膚炎は全身の炎症になり、内臓や血管にも影響を与え、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞にもつながることがある、という発表には山田医師も「皮膚は内臓の鏡と言われるが、皮膚が内臓にも影響する、という事実は興味深い」と関心を示した。

   山中医師は、適切な治療を受けていれば皮膚炎は悪化しないが、放置して痒みから皮膚を掻くと、壊れた皮膚からさらに炎症が悪化する物質が放出される、という悪循環に陥ると指摘。感染やアトピーなど病態は違っても、皮膚炎は早期に治療するよう呼びかけた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット