文字サイズ
標準
大きく

自分の顔が好きですか?

as_20160623100940.jpg

   20世紀は「原子の火」と「コンピューター」と「DNA」の世紀だったが、21世紀は僕は「心の科学」と「アンチエイジング」の世紀になると思う。

   その「心の科学」を解明する有力なツールが認知心理学といえよう。先日本屋でこんな本を見つけ、夢中で読んでいる。

   「自分の顔が好きですか?」
著者は山口真美さん。岩波ジュニア新書である。いい題名じゃないですか。まさに美容外科の原点でもある。

   自分の顔が気に入らない人たち。
もっと目がぱっちりしていたら、ちょっと鼻が高ければ・・・
いや、美しくなりたいのではない、ただ当たり前の顔にしてほしいという願いもある。

   それもこれもコンプレックスいう括りで、美容外科を正当化するロジックに繋がる。まさにこれが僕の説く「容貌のメッセージ性」で、僕のライフワークである。

[アンチエイジングブログ! 2016年6月22日掲載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット