文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、ICNのための英語講座30

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   毎週金曜日は、ICNと英語についてのコラムです。

M「今回のNEJMの論文、著者の名前、どっかで見たような、、、」

I「おっ、鋭い。First authorのSanjay Saint先生はアメリカの感染対策、感染管理のリーダー的存在なんです。しかも、内科医としても超一流で、いろいろな教科書も書いています。あの診断の神様、Laurence Tierney先生とも共著がありますね。日本にも何度もおいでになっています。日本ではむしろNEJMのClinical Problem Solvingシリーズや、内科系の教科書の著者として有名でしょうか」

M「スーパーマンなんですね」
I「そうです。世界にはすごい人っていっぱいいるんですね」
M「ネットで検索すると、写真がでてますね。優しそうなお方ですね」
I「会ってみたいですか」
M「会ってみたいです!」
I「では、APIC参加を目標にしましょう」
M「通訳ついてますか?」
I「甘えんな!通訳なしでも学会行けるよう、勉強するのじゃ」
M「Saints preserve us!*」

*Saintには「聖人」という意味があります。Saints preserve us!は「God help me!」みたいな意味。お助けあれ!

[楽園はこちら側 2016年6月24日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット