文字サイズ
標準
大きく

今年は危ない!梅雨明け前後は要注意 熱中症の正しい予防と対処法

   ここ数年、暑い夏が続き、毎年5万人もが熱中症で救急搬送されている。2016年の夏は、観測史上もっとも暑く、熱中症による死亡者数が過去最多の1700人に上った2010年と気象条件が似ていると予測されていることから、警戒が高まっている。

屋内でも起こる熱中症。ゆっくり時間をかけて悪化する場合もあるので注意しよう
屋内でも起こる熱中症。ゆっくり時間をかけて悪化する場合もあるので注意しよう

応急処置のポイント

   熱中症とは、室温や気温が高い環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、だるさ、けいれんや意識の異常など、さまざまな症状をおこす病気だ。重症化すると臓器障害を起こし、死に至ることもある。

   日本救急医学会の熱中症分類では、重症度は3段階に分かれている(表を参照)。本人ではなく、周囲の人が判断するための分類だ。Ⅰ度は現場での応急処置で対応できる軽症、Ⅱ度は病院への搬送を必要とする中等症、Ⅲ度は入院して集中治療の必要性のある重症とされている。

参考/『熱中症環境保健マニュアル2014』p14
参考/『熱中症環境保健マニュアル2014』p14

   『熱中症環境保健マニュアル』には応急処置として、Ⅰ度の症状があれば、すぐに涼しい場所へ移して体を冷やし、水分を与える。誰かがそばに付き添って見守り、改善しない場合や悪化する場合には病院へ搬送する。Ⅱ度で、自分で水分・塩分をとれないときや、Ⅲ度の症状であればすぐに病院へ搬送する...とある。しかし、実際には熱中症かどうか、さらに重症度まで判別し、的確な対処ができるかどうか自信がない人が多いのではないか。

   日本救急医学会「熱中症に関する委員会」前委員長の昭和大学病院救命救急センター長の三宅康史教授によると、判別のポイントは「意識があるか」、「自力で水分を取れるか」だという。

   「周囲の人がもっとも判断しやすいのがこの2つです。熱中症は人によって出る症状が違うケースもあるので、体温や症状で判別しようとするのは間違いのもと。どのような状態かを見極めることが重要です」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット