文字サイズ
標準
大きく

子宮頸がんワクチン副作用研究捏造疑惑について(厚労省への問い合わせ)

   以下の文章を厚労省にお送りしました。厚労省には以下のサイトから意見を投稿できます。この問題、絶対に事実を究明する必要がありますので、医療・医学に関心の高い方はぜひ声を上げてください。

   https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

   子宮頸がんワクチン副作用研究捏造疑惑について 岩田健太郎

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   子宮頸がんワクチンの安全性に対する懸念を受けて、厚生労働省は池田修一氏(信州大学脳神経内科)にワクチンの副反応の研究を依頼しました。これについて、医療ジャーナリストの村中璃子氏が捏造の疑惑があると主張しています。この報道の真偽を調査いただきたく存じます。

   村中氏は雑誌Wedge7月号で、池田氏がデータを捏造していると主張しています。やはり発表会で公表されたマウスの実験で、池田氏はワクチン接種後のマウスで、自己抗体がマウスの海馬(脳の一部)に沈着していたと写真入りで報告しています。

   しかし、「Wedge」の記事によると、この実験マウスでは「他のワクチンを打った」場合でもやはり自己抗体を示す緑色の染色が脳で見られるのだといいます。池田氏は子宮頸がんワクチンを接種し、かつ鮮やかに緑色に染まった写真と、他のワクチンを打って(そのワクチンでも染まるのだが)、染まりの悪い写真を掲載して、両者の違いをアピールした。村中氏はそう報じています。厚労省での発表では、確かに子宮頸がんワクチンを打ったマウスの「光る写真」が、インフルエンザワクチンなど他のワクチンを打ったあとの「光らない写真」と対比されています。

   しかも、この実験そのものがデタラメで、実はマウスの脳には自己抗体は沈着しておらず、マウスを殺して作った脳切片に(抗体の入った)血清を振りかけただけだ、という証言を村中氏は紹介しているのです。

   もし、村中氏の主張するようにこの写真が死後のマウスの脳に振りかけただけであるのなら、これは池田氏の意図的なデータの捏造ということになります。MMRワクチンを接種したあと自閉症になったと主張したウェークフィールドの時と同じです。

   英国の医師、アンドリュー・ウェークフィールドはMMRと自閉症の関係を主張し、MMR接種後に自閉症を発症した12人の小児の事例を報告する論文を発表しました。この論文は自閉症を持つ親たちの間で強く信じられ、彼らは自分たちの子供に打たれたMMRを非難しました。また多くの親たちは子供が自閉症になるのを恐れて予防接種を拒否しました。そして多くの子供達が麻疹などの感染症に苦しんだのです。

   しかし、この論文のデータは捏造されたものでした。ウェークフィールドが「MMRを接種して1週間で自閉症を発症した」と述べた子供の親は、その事実を否定しました。子供の症状はMMRを接種する「前から」始まっていたのです。

   原因が結果のあとから生じることは絶対にありえません。ウェークフィールドは12人の子供はMMR接種前には「正常だった」と書いていましたが、実はこの子たちの中には、(MMR接種前に)発達に障害をもっていた子供もいました。自閉症を発症した子供たちは腸炎も合併していたと報告があり、その炎症を示す病理組織所見も併記されていましたが、これは事実ではありませんでした。

   実は12人中9人の腸管組織は「正常か、ほとんど正常」だったのです。MMR接種から何ヶ月もたってから自閉症を発症したデータは隠蔽されていました「接種後数週間で自閉症を発症する」という物語を作るためです。ウェークフィールドは事実をねじ曲げていたのです。

   実は、ウェークフィールドはワクチンメーカーを訴える計画に関与していました。問題の論文ができる前から、訴訟を目論んでいた弁護士から、40万ポンド以上もの報酬も受け取っていました。ワクチンと自閉症との関係をでっち上げ、訴訟を起こして多額の賠償金をせしめようとしていたのです(Deer B. How the case against the MMR vaccine was fixed. BMJ. 2011 Jan 6;342:c5347)。

   もしWedgeの記事が事実だとすれば、これはウェークフィールド事件に匹敵する、世界医学史上の大事件です。

   1970年代、次々と新しい石器を発見し、「ゴッドハンド(神の手)」と呼ばれたアマチュア考古学者がいました。しかし、これは自らが埋めた石器を掘り出すという「捏造」だったのです。このような捏造行為はあらゆる学問領域で見られる、非常に残念な行為です。

   しかし、存在しない石器を見つけましたよ、と功名心にかられてウソをついてしまうのは、まだ実害は大きくありません。しかし、患者の健康に責任を持つ医師が、ある医療行為(ワクチン接種)が病気の原因ですよ、とデータを捏造すれば、ウェークフィールドを信じて麻疹に苦しんだたくさんの患者同様、非常に大きな実害を人々の健康に及ぼします。

   このような行為は絶対に許されるものではありません。本研究は厚生労働省の依頼で行われており、その結果は国民の健康に深く関係しています。御省が事実関係を究明し、国民に公表するのが筋だと私は思います。

[楽園はこちら側 2016年6月24日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット