文字サイズ
標準
大きく

小林麻央さん、北斗晶さんが戦う乳がん 自分で発見できる数少ないがんの一つ

   フリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が、進行性がんであると2016年6月9日にスポーツ報知が報じ、同日、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが記者会見で乳がんにより闘病中だと発表した。

「静かに見守っていただきたい」と会見で訴えた(2016年6月9日J-CASTニュース撮影)
「静かに見守っていただきたい」と会見で訴えた(2016年6月9日J-CASTニュース撮影)

   会見で海老蔵さんは、麻央さんの乳がんは1年8か月前に人間ドックで判明し、「かなりスピードが速いもので、大変なものではないか」と医師からいわれたと語った。これまで、抗がん剤治療を中心に行ってきたというが、病状は、比較的深刻だという。

   「手術にいたらないから、抗がん剤治療を続けている」と会見で語られたが、乳がんとはどのような病気なのか2人の専門家に聞いた。

進行性乳がんという言葉はない

   北里大学北里研究所病院ブレストセンター長で、前日本乳癌学会理事長の池田正医師によれば、厳密にいうと「進行性乳がん」という言葉はないという。

   「進行がんと表現されることはよくありますが、定義はありません。一般的には、乳房からわきの下にかけて大きなかたまりができている局所進行乳がんの場合や、離れた臓器に転移しているケース、予後の悪い炎症性乳がんなどを指すことが多いです。一方で、治療に反応せずどんどん進行するという意味で表現されることもあり、治療の現場でその意味は違ってきます」

   また、「進行性」という言葉が一人歩きしていると懸念する声もある。北里大学乳腺外科の谷野裕一准教授は、「乳がんに対して、冷静に正しい理解を深めてほしい」と記者に語った。

   「乳がんは全体として見た場合、病気だとわかってから10年後の生存率は約8割とほかのがんに比べて高く、進行も比較的ゆっくりだという特徴があります。進行が早いタイプは、乳がんのうちで約3割です。早く大きくなる乳がんは抗がん剤が効く確率が高いことも知られています」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット