文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座35

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   毎週金曜日は、感染対策と英語についてのコラムです。

M「先生、昨日はアニメを見ましたが、NEJMのアニメ、ちょっとイマイチですよね。隠居してる宮﨑駿さんとかに監修してもらったほうが良いのでは、、、」

I「どんだけ制作費かかるかわかんないでしょ。ていうか、宮﨑さんだと完成度追求して、作るのに何年もかかりそう。速報性も大事なので、、、、でも、学術誌でああやって分かりやすいサマリーを作ってるのはすごいですね。NEJMが一般の方にも医学知識を普及しようとしているからだと思います」

M「確かに。日本の学術誌だと、部外者お断り、的な印象ですもんね」

I「そう。だからアメリカはジャーナリストとかも論文けっこう丁寧に読み込んで記事にしてます。日本のメディアみたいに大本営発表のコピペじゃありません」

M「ふうむ。ところで、英語のアニメは聞き取りが大変なんですが、リスニング能力は私たちには必要ないんじゃないんですか」

I「それは違う、というのが僕の意見です。語学力は総合的なもので、聞く、書く、話す、読むはすべて連動してるんです。だから、「ぼくはリスニングは得意なんだけど、スピーキングがね」なんて言う人はほとんどリスニング能力も高くありません。全部高めることで、初めて個々の能力も「本当の意味で」伸びるんです。能力の高さは自分の満足度を満たしてるかどうかで判定しますが、合格ラインを下げてしまえば「このへんでおれはできてる」と勘違いしています。自己評価は厳しくなくっちゃね」

M「感染管理と同じですね。「うちの感染対策、ちゃんとできてますよ」って施設にできてる施設はゼロですもんね。加算とってるくらいで満足しちゃだめや」

I「毒舌~、でもおっしゃるとおり~」

[楽園はこちら側 2016年7月1日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット