文字サイズ
標準
大きく

「すい臓がん」は生存率ワースト1を脱出できるか 遺伝子「ムサシ」の抑制がカギ

二刀流宮本武蔵のような遺伝子がすい臓がん治療を変えるカギとなるか(写真提供/岡山県)
二刀流宮本武蔵のような遺伝子がすい臓がん治療を変えるカギとなるか(写真提供/岡山県)

   5年後の生存率は約7パーセント、がんの中でもっとも生存率が低いといわれる「すい臓がん」。そんなすい臓がんの治療薬開発につながる新たな可能性が出てきた。

   慶應大と米カリフォルニア大サンディエゴ校のグループは2016年6月16日、英科学誌「ネイチャー」で、「すい臓がんができるときに働く遺伝子をマウスの実験で確認した。この遺伝子の働きを止めると、がんの増殖を抑えられた」と発表した。

   この遺伝子の名前は、「Musashi(ムサシ)」。慶應大学の岡野栄之(ひでゆき)教授が1990年代に見つけたものだ。Musashiは、ショウジョウバエの遺伝子研究により初めて発見されたが、この遺伝子が欠損すると剛毛が2本に増え、あたかも二刀流宮本武蔵のように刀を2本持っているように見えることから、「ムサシ」と名づけられた。

   ムサシは種を超えて発現しており、グループは、すい臓がんでこの「ムサシ」が過剰に働いていることをマウスの実験で確認し、抗がん剤の耐性にもかかわっていることを発見した。この遺伝子の働きを止めることがすい臓がん治療のカギとなるかもしれない。岡野教授は「『ムサシ』を標的とした抗がん剤の開発が期待される」と話す。

自覚症状がなく発見しにくい

   そもそもすい臓がんの生存率が低いのはなぜなのか。
その理由は、
「早期に診断するのが難しい」
「わかったときには進行していることが多く、すでに手術の時期を逸している」
「遠くの部位にも転移しやすい性質を持つ」ことだ。

   すい臓がんは、すい臓で作られたすい液が流れる「すい管」という部位から発生する。ところが、すい臓自体が他の臓器に囲まれた体の深部にあるために、人間ドックなどで行われる超音波検査などではがんが発生しても発見しにくい。

   特徴的な自覚症状がないことも、発見を遅らせる原因となっている。すい臓がんと診断された時点でも、12.4%の患者はまったく症状が認められないというデータもあるという。

   日本消化器病学会は、すい臓がんの症状として腹痛、黄疸、腰や背中の痛み、食欲不振、体重減少などを挙げているが、いずれも胃炎やすい炎と診断されることもあると注意を促す。胃薬を長期にわたって飲んでいても一向に良くならないので、あらためて精密検査を行ったところ、すでに進行したすい臓がんになっていたケースも決して珍しくない。

   早期発見が難しく進行してから気づくことが多いため、たとえ手術ができても再発率が高く、がんの広がりや全身状態などを考慮して、抗がん剤治療や放射線治療を組み合わせることが多い。このように複数の治療法を組み合わせて行うことを集学的治療というが、体に対する負担はかなり大きく、予定した治療が十分に行えないケースも多いのが現状である。すい臓がんは抗がん剤や放射線治療も効きにくいことが多いので、新たな治療薬の開発が切望されている。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット