文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座39

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   教科書は英語ですか?4

   WHOのWorld Health Statistics 2016を読んでいます。

I「さて、女性ではダントツの1位は日本でした。男性の場合、スイス(Switzerland)、アイスランド(Iceland)、オーストラリア(Australia)、スウェーデン(Sweden)、イスラエル(Israel)に次いで日本は6位です。日本に次いで、イタリア(Italy)、カナダ(Canada)、スペイン(Spain)、シンガポール(Singapore)と続きます」

W「男性は6位だとしても、日本はいい線行ってるんじゃないでしょうか」

I「同感です。問題は、なぜそうなのか、ってことですが。平均寿命に影響する因子はたくさんあるので、"これで長生き"と一言でいうことはできませんね。例えば、最近糖質制限がブームですが、"糖質制限で長生き"を仮説とすると、コメをたくさん食べる日本人やパスタやピザを食べるイタリア人が長生きな説明がつきません。いろんな要素が絡んでいる、と考えるのが適切でしょう」

M「アイスランドが気になるんですけど」

I「私もです。で、WHOは国ごとのサマリーもまとめています。アイスランドは、ここ」
http://www.who.int/countries/isl/en/

M「でた、島なんですね」

I「英国の北西、グリーンランドの東に位置する、むっちゃ寒そうな場所ですね」

   Total populationは全人口。たったの32万9千人しかいません(2015年)。島根県民が69万ちょっとですから、島根の半分くらいです(http://pref.shimane-toukei.jp/)。

M「なんで、そこで島根が出てくるかな」

I「まあまあ。で、国民一人あたりの医療費が年間3646国際ドル。日本が3741国際ドル(http://www.who.int/countries/jpn/en/)なのでほぼ同じですね。対GDP比でも約10%と、日本とほぼ同じです」

M「一個気がついちゃいました」

I「なんですか」

M「この、15と60って数字があるとこが、日本とアイスランドで違うみたいです」

I「ええっと、英語も端折らないで読みましょうね。これはProbability of dying between 15 and 60 years m/f (per 1000 population)とあります。probabilityは確率。dying はdieの動名詞で"死ぬこと"死ぬ確率ってことですね。between and は"の間"でした。15歳から60歳の人口1000人あたり(per 1000 population)の死亡確率ってことですね。m/fはmale femaleの略。男性と女性ってことです」

W「女性だと、この数字はアイスランドで37、日本で42と、ちょっと日本のほうが高いくらいですね」

I「そうですね。女性の場合、アイスランドは平均寿命の長さで10位。日本よりも負けていますが、若年から初老にかけてはアイスランド人女性のほうがやや死ににくいのです。その後の寿命が日本女性のほうが長いのかな」

M「なんでその年齢で死ぬんでしょう」

I「こいつは日本のデータを探したほうがよさそうですね。厚労省によると、女性の15~34歳の死因トップが「自殺」です。35~59歳では死因トップは悪性新生物。(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html)」

M「自殺とがんがインパクト大きいんだ」

I「そう。ときに、Mさんが言った大きな違いはm、男性の方ですね。アイスランドは61、日本は81と女性よりもずっと差がついています。男性の場合は平均寿命でも負けてますからね」

W「なんででしょうか」

I「さっきの厚労省のデータを見ると、日本男性の15歳~19歳の死亡原因トップは"不慮の事故"、20~44歳は"自殺"、それ以上だと"悪性新生物"ですね」

W「なるほど~」

M「アイスランドと日本の比較なんて、思いつきもしませんでした」

I「でしょ。そういう新しい発想が生まれる可能性を英語学習は広げてくれるんです。それに、日本のことをより理解するためにも英語は知っておいたほうが良い。なぜならば、"日本はこういう国だ"という言葉は"○○国に比べて日本はこうだ"ということと同義だからです。日本を知るためには、外国を知らなければいけない。そのような比較データは日本語でも得られますが、情報量からいうと圧倒的に英語のほうが多い。英米か、は関係ないんです。アイスランドの情報得るのに、アイスランド語じゃ、きついでしょ」

W「なるほど。I got it」

M「英米か」

I「年バレますよ」

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・WHOの国別データは便利
・日本を知るとは、他国と比較できること。そのためには情報リッチな英語が便利

今日学んだ単語:probability, dying, between and, male, female

[楽園はこちら側 2016年7月7日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット