文字サイズ
標準
大きく

1時間に1回は椅子から立ち上がろう 集中力がアップし健康にも役立つ

もしかしたら午前中はずっと座っていたかも...
もしかしたら午前中はずっと座っていたかも...

   デスクワーク、テレビを見る、電車や車での移動...。現代人は座ることが多い生活を送っている。

   近年、長時間座りっぱなしでいると肥満や糖尿病、がん、うつなど心身の健康に悪影響を及ぼし、死亡リスクも高くなることが海外の研究で明らかになってきた。アメリカ、イギリス、オーストラリアなどでは、すでに国を挙げて「座りっぱなし」を防止する対策が行われている。

働く世代の「座る」時間を調査

   日本人は、世界一座る時間が長いといわれているが、これまで国内の働く世代を対象にした研究は少なかった。

   2016年6月18~19日に行われた日本運動疫学会では、働く人を対象にした座ることに関する研究が2つ発表され、注目を集めた。

   研究は、早稲田大学スポーツ科学学術院、筑波大学体育系の研究者らが行ったものだ。

   一つは、住民基本台帳から無作為に選ばれた40~64歳の男女355人に、活動量計をつけてもらい、どのくらい座っているかを調査した研究。

   355人のうち、7割はデスクワークをしている人で、そのほかは立ち仕事、歩き回る仕事、力仕事をしている人だった。調査の結果、デスクワークをしている人は、活動量計をつけている時間のうち、62パーセントを座って過ごしていた。その他の仕事では約40パーセントだったという。休日は、勤務日よりも長い時間座って過ごしていた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット