文字サイズ
標準
大きく

医療、デザイン、プロダクトから見た「椅子に座る」ということ Aging Style × GOOD DESIGNトークレポート

   2016年5月27日、2回目となるAging Styleとグッドデザイン賞のコラボレーショントークイベントが、東京丸の内のハーマンミラーストアで開催された。

   「"座る"のデザイン」をテーマに、北里大学病院整形外科教授の高相晶士医師、プロダクトデザイナー藤森泰司氏、ハーマンミラージャパン代表取締役社長である松崎勉氏らが、座るということ、座るために欠かせない「椅子」について、トークセッションを展開した。

正しい座り方、いい椅子とは?

北里大学病院整形外科教授の高相晶士氏
北里大学病院整形外科教授の高相晶士氏

   高相医師が整形外科医として、正しい座り方のポイントとして挙げたのは「痛みがない」ことだ。整形外科は肩こりや腰痛など、さまざまな疾患の患者が受診しているが、患部は違っても、「痛みを解消する」という治療の内容は同じだ。

   つまり、痛みを発生させない座り方や、それを実現する椅子がいいということになるが、なぜ痛みが発生しているのかについては不明点が多い。

   「日本人に多い体調不良のひとつが腰痛ですが、痛みの原因としてはっきりわかっているのは感染、がんの発生、骨折だけです。現状では、痛みの原因を特定するのは、容易なことではありません」(高相医師)

   しかし、ひとつだけわかっていることもあるという。それが、背骨の配列を正常に保つことだ。人間の背骨は正常であれば、正面から見るとほぼまっすぐに、横から見ると、首の部分は前に、背中の部分は後ろになだらかなカーブを、腰の部分は前に、といういわゆる「S字状」になっている。なぜ痛まないのかは不明だが、この状態を維持すると、痛みが発生しないのだ。

   「背骨のS字を維持することを考慮してデザインされた椅子は、医学的にも工学的にもいい椅子、と言えるかもしれません」(高相医師)

   ただし、座ること自体に大きな問題もある。1970年代に報告された、さまざまな体勢で椎間板にかかる圧力を計測した実験から、立っている状態を100とした場合、あおむけに寝ていると25にまで抑えられるが、中腰や座った状態では150まで上がってしまうことがわかっている。つまり、座ること、椅子は体に悪い、ということになってしまう。

   ただ、高相医師は健康とは姿勢や骨格だけで成立するものではなく、座り心地や気分といったメンタル面が与える影響も計り知れないと指摘した。

   「椅子に求められるのは理想的な姿勢だけでなく、素材、優雅さ、気持ちよさなどもあります。デザインの果たす役割は、とても大きいと言えるでしょうね」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット