文字サイズ
標準
大きく

薬とはなんだろう??

as_20160712103055.jpg

   最近、超高価な特効薬が日本の医療を破産させるのでは、という議論が巻き起こっている。その検証は別に考えるとして、今僕が考えているのはあまりにも薬に頼りすぎてるのでは、という疑念である。

   勿論薬の効用は医師として重々承知はしているつもりだが、いかに特効があろうと、薬は医療の一つの手段にすぎないと言いたい。

   何かあればまず薬と考えるのは、あまりにも短絡的ではなかろうか。西洋医学は臓器別に細分化を続け、今は分子のレベルにまで達している。その結果一個の人間は単なる「分子の集合体」に堕してしまった。そして分子標的薬まで誕生した。

   ではいかにして医療の場で人間を復権させるか?ひょっとしてアーユルベーダ、中国医学などの伝統医学にそのヒントがあるのではなかろうか?そしてひとつの軸として「食生活の見直し」もあるのではなかろうか?

   勿論僕は食事で癌が治るなど安易に言っているわけでない。ただ、「食生活」が癌の制圧ににいささかなりとも有効なら、実はそれ以上に、いやそれ以前にと言うべきか、一個の人間としての患者の「体質改善」に役立っている証しと言うべきではないか。

[アンチエイジングブログ! 2016年7月11日掲載]
アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット