文字サイズ
標準
大きく

医師からの警告 「プチ整形」と言っても皮膚や血管が壊死するリスクはある!

かんたんだから、失敗はないというのは誤解
かんたんだから、失敗はないというのは誤解

   体にメスを入れることなく、ヒアルロン酸などを注射針で注入する「非手術」美容治療。

   一般的に「プチ整形」などと呼ばれ、「鼻を高くしたい」「シワやたるみをなくしたい」といった希望を手軽にかなえられると人気が出たものだ。「プチ」という言葉から、かんたんで手軽な印象をもたれている。

   しかし、「手軽」イコール「リスクがない」ということではない。言葉の影に潜む危険を指摘する医師の声もある。

鼻の付け根に注射して失明!

   2016年6月11日付の朝日新聞に、「鼻の"プチ整形"を受けた女性が、失明や皮膚の壊死といった重篤なトラブルに見舞われた」という記事が掲載された。

   記事によるとこの女性は2014年、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近に注入剤を注射された直後に、ふらつきと右目の異常を訴えて病院に搬送された。翌日、「右目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけての皮膚が壊死した」という。

   トラブルの原因について、東京港区で形成外科および美容外科、美容皮膚科の治療を行っているみやた形成外科院長の宮田成章医師は、「注入部位や、医師の手技などの問題が大きい。注入剤は血管の中に入ったり、大量注入により静脈を圧迫したりして血行の障害を起こし、皮膚が腐ったり、最悪、眼球に栄養を運ぶ血管まで詰まって失明することもあります」と説明する。

   こうした注入剤によるトラブルは過去にも報告されており、宮田医師によると、「ヒアルロン酸による報告事例が多いが、ハイドロキシアパタイトも最近は増えている」という。

   ハイドロキシアパタイトとは歯の主成分と同じで、美容治療で使用されるのは「レディエッセ」というジェル状の製剤だ。ヒアルロン酸と比べて粒子が大きく、硬めで持ちがよいというメリットがあり、ほうれい線を目立たなくしたり、鼻を高くしたりする治療に用いられることが多い。今回、朝日新聞で報道されたトラブルで失明した女性に使われたものも、この注入剤と見られる。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット