文字サイズ
標準
大きく

パフォーマンスを向上させるまさかの方法 「自分はできる」と声に出そう

より具体的にイメージして声に出す!
より具体的にイメージして声に出す!

   「自分は必ずうまくいく」「今回は調子がいいから結果が出る」といった声かけを自分自身にすると、実際に与えられた課題やタスクに対するパフォーマンスが向上する――英ウルヴァーハンプトン大学とシェフィールド大学の共同研究チームよって、ユニークな研究結果が発表された。

   研究チームは、課題や仕事に取り組む前に、どんな手段を取ればやる気や意欲が引き出され、パフォーマンスが向上するのかを検証するため、オンライン上で16~91歳までの4万4742人を募集し、オンラインゲームでの対戦を実施した。

   参加者らはランダムに3つのグループに分けられ、それぞれゲームの対戦前に「自分に声かけをする」「自分のパフォーマンスをイメージする」「あらゆるパターンを想定して計画を立てる」のいずれかを実施し、プレイ後の結果を比較している。

   調査で用いられたゲームは遊戯用のものではなく、集中力や反応速度、終了までの時間を測定するための研究用ゲーム。パフォーマンスの高低は、これらの評価項目を5点満点で計算し、算出しているという。

   その結果、最も高いパフォーマンスを示したのは「自分に声かけをする」グループだった。特に、自分の成績を想像させる「自己ベストを大きく上回ることができる」といったものや、ゲームのプレイ内容に言及した「今回は調子がいいからもっと早く反応できる」といったものが高いパフォーマンスにつながっていた。

   次にパフォーマンスを向上させていたのは、「自己ベストを出した自分の姿」や「反応速度が上がった自分の姿」など、自分のパフォーマンスをイメージすることで、「あらゆるパターンを想定して計画を立てる」グループは今回の研究の中で最もパフォーマンスが低くなっていた。

   研究グループはすでにボクシングやスピーチ大会など、オンライゲーム以外のシチュエーションでも実験をして、同様の結果を得ており、研究の結果は偶然ではないとコメントしている。発表は、2016年3月30日、心理学分野の専門誌「Frontiers in Psychology」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット