文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座48

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   歯科領域の抗菌薬3

I「続けましょう」

   In patients with prosthetic joint implants, a January 2015 ADA clinical practice guideline, based on a 2014 systematic review states, "In general, for patients with prosthetic joint implants, prophylactic antibiotics are not recommended prior to dental procedures to prevent prosthetic joint infection. "

   patients with,,,は「なんとかを持つ患者」です。何を持つかというと、「prosthetic joint implants」、人工関節インプラントです。prostheticは「ぷろすせてぃっく」と読みます。「せ」にアクセントがありますが、書きにくいし、読みにくいですね。でも、人工関節(prosthetic joint)、人工弁(prosthetic valve)と頻出用語です。

   In patients with prosthetic joint implants, で人工関節インプラントのある患者では、という意味。

   a January 2015 ADA clinical practice guideline

   は長いですね。ちょっと分かりにくいのですが、これは「a(ほにゃらら) guideline」、「一つのガイドライン」で、間にいろいろ説明が入っています。

   January 2015、2015年1月の、 ADA ADAが作った(ADA=American Dental Association, 米国歯科医師会) clinical practice guideline 診療ガイドライン

   2015年1月にADAが出した診療ガイドライン、ってこと。しかもさらにあとで説明が続きます。

   based on a 2014 systematic review

   これは、2014年のシステマティックレビューに基づくってこと。システマティックレビューというのは、論文たくさん読んでまとめる研究、くらいに思っておいてください。ここはガイドラインの説明なので、読み飛ばしちゃっても構いません。

   で、この頭でっかちな主語に続く動詞が、states (ガイドラインは)述べている。です。では、ガイドラインは何を言っているか。それが、

   "In general, for patients with prosthetic joint implants, prophylactic antibiotics are not recommended prior to dental procedures to prevent prosthetic joint infection.

   in general は「一般的には」、for patients with prosthetic joint implantsは、「人工関節インプラントのある患者には」という意味。単語は簡単ですね。患者に何かをするときは、「for patients with」を使います。

   prophylactic antibiotics are not recommended 予防的抗菌薬は推奨されない。
prior to dental procedures 歯科手技の前に。でた!prior to! 「ぷらいあーとうー」、と読みます。「ら」にアクセント。

   to prevent prosthetic joint infection 人工関節感染予防のために

   ちなみに、これがそのガイドライン。
http://jada.ada.org/article/S0002-8177(14)00019-1/fulltext?nav=rotatorJanmain

M「なんか、同じ単語の繰り返しですね」
I「しかも、文法も超シンプル。長い文章を短く分割して丁寧に読めば簡単に読み解けます。英語は難しくない。面倒くさいだけなんです」

M「確かに、同じ単語が繰り返されすぎて、ちょっとくどいですね」
I「くどさは英語の特徴ですね。だから、翻訳するときとかは重複部分をあえてバッサリ切り取り、日本語として自然な文章にするといったテクもあります」
M「くどさが特徴。先生が英語にハマる理由はよくわかりました」
I「なぬ?」

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・長い文章は短く頭から丁寧に読もう。

今日学んだ単語:prosthetic joint, states

[楽園はこちら側 2016年7月20日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット