文字サイズ
標準
大きく

冷たいものでキーンとなる「アイスクリーム頭痛」  実はコワイ「関連痛」という現象だった

おいしそうでも「ゆっくり少しずつ」が予防のコツ
おいしそうでも「ゆっくり少しずつ」が予防のコツ

   暑~い夏に、食べたくなるアイスクリームやかき氷。勢いよく食べて目の奥やコメカミが「キーン!」と痛くなったことはないだろうか?

   実はこれ、医学的な正式名称で「アイスクリーム頭痛」と呼ばれる現象だ。

口から食べるのになぜ頭痛が起こる?

   食べるのは口からなのに、目の奥やコメカミが痛むのはどうしてだろうか。

   「アイスクリーム頭痛」には、2つの原因がある。1つは、喉が冷やされると、体が体温を維持しようと血流量を増やすため。血管が拡張することにより頭痛が起こる。もう1つは、急激に冷たいものが入ってくることで、喉の三叉(さんさ)神経(顔の知覚をつかさどる神経)が「冷たさ」と「痛さ」を勘違いし、痛みとして脳に伝達してしまうためだ。片頭痛のある人は、このアイスクリーム頭痛にかかる時間が長いとも言われている。

   アイスクリーム頭痛を防ぐには、喉の神経に勘違いさせないように、ゆっくり少しずつ食べるといいようだ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット