文字サイズ
標準
大きく

2016年のがん罹患数予測、100万例を超える 死亡予測は37万人に

もはやがんにならないほうがレアケースか
もはやがんにならないほうがレアケースか

   国立がん研究センターは、2016年7月15日に発表した「2016年がん統計予測」の中で、罹患数予測が101万200例と、統計予測開始以来、初めて100万例を超える予測結果が算出されたことを明らかにした。

   がん統計予測は、4~5年遅れて公表されるり患データや、1~2年遅れて公表される死亡データをもとに、現時点でのがん統計を短期的に予測する試み。予測を活用することで、がん対策の目標設定、評価を行うことができ、後に公開される当該年の実測値と突き合わせることにより、がん対策でどれだけの罹患、死亡を減らせたかの評価、分析を行うことも可能となる。

   今回発表された2016年の予測は、2012年の「がんり患数全国推計値」と、2014年のがん死亡数のデータを用いている。

   「がんり患数予測」は101万200例(男性57万6100例、女性43万4100例)となっており、2015年の予測から約2万8000例増加している。部位別では、大腸、胃、肺、前立腺、乳房の順にがん罹患数が多い(大腸、胃、肺はほぼ同数)。

   死亡予測は37万4000人(男性22万300人、女性15万3700人)で、2015年予測値より3000人増加。肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順に死亡数が多くなっている。

   罹患数、死亡数とも年々増加を続けているが、同センターでは、日本の高齢者人口の増加が主な原因としている。

   なお、予測値は実測値との比較を前提としているため誤差があり、将来の変化などは考慮していない。詳細な数値は、がん情報の総合サイト「がん情報サービス 」で確認できる。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット