文字サイズ
標準
大きく

自分の細胞で自分の毛髪を増やせる日がついに来る! 理研などが2020年の実用化を目指す

自分で自分の毛を補う時代に
自分で自分の毛を補う時代に

   脱毛している頭皮に、正常な頭皮から培養した「毛包」を移植し、確実に毛髪を再生、増加させる治療法の開発に、理研多細胞システム形成研究センター(CDB)器官誘導研究チームと、京セラ株式会社、株式会社オーガンテクノロジーズが共同で取り組むと、2016年7月12日発表した。

   「毛包」は毛髪を作り出す幹細胞を持つ皮膚器官のひとつ。毛包を直接移植する治療法は、男性型脱毛症(AGA)治療で実施されており、患者の後頭部から皮膚を採取し、毛包単位へと分離、移植する「自家単毛包移植術」という方法が存在する。

   しかし、この方法で治療可能なのはAGAに限られ、採取した以上の毛包は増えない(毛髪は増えない)、一部の頭皮を大きく切除する必要があるなど、課題も少なくなかった。

   理研CDB器官誘導研究チームは、マウスのひげや体毛が生えている毛包から採取した幹細胞を、コラーゲンゲルの中で高密度に再構成し、毛包の基となる「毛包原基」の培養に成功。毛が生えないヌードマウスに移植し、毛髪を再生させることにも成功している。

   再生された毛髪は、正常な毛髪と同様の周期で伸びるほか、特定の色素を持つ幹細胞を組み込むと、色も自由に制御できる。毛包の数もコントロールできるため、毛髪の数も任意に増やすことができるという。

   研究チームは、すでに技術は確立したとし、人の脱毛症治療へと展開するため、京セラ、オーガンテクノロジーズと協力し、臨床応用に向けた共同研究を実施する。細胞培養技術や移植技術の確立、移植に向けた機器開発を進め、2020年の実用化を目指す。

   実用化の際は、患者の毛包から幹細胞を採取して加工し、患者に移植する「自家移植」が中心となる予定。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット