文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座50

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   毎週金曜日は、感染対策と英語についてのコラムです。

M「うーん、しかし歯科領域ではほとんどルーチンで3世代セフェム使ってますよね」

I「これはまだ裏を取っていないのですが、ある歯科の先生に聞いた話によると、歯科領域では予防的抗菌薬に1世代セフェムを使ってたらしいんです。ところが、3世代セフェムが次々発売されたとき、その最小阻止濃度(MIC)が低い、という売り文句でシェアが激変。1世代セフェムはほとんど使われなくなり、代わりに3世代セフェムが現在に至るまで大普及したんだそうです(この話、学術誌の対談とかで「裏」がとりたいです。資料お持ちの方、教えてください)」

M「私がナースになった時は、もう1世代セフェムとか全然使われてなかったです」

I「病院や薬局においてないとこも多いですね」

M「製造販売中止したものもあるって聞きました」

I「この、"新しい薬のほうがベターな薬"っていう日本の信憑はなんとかならないもんでしょうか。本当は、新しい薬のほうが基礎疾患のある方、併用薬の多い方などへの有効性や安全性は完全に未知数なんですけどね。その点、昔からある薬は副作用プロファイルがほぼ完備されています。副作用があることそのものが問題なんじゃありません。それが予見できる副作用かどうかってのが大事なんです。そういう意味では薬は薬効が同じなら、まずは古いものを優先させるべきなんですね」

   W先生入ってくる。

W「先生、見ましたか?6階の新採用ナース。めっちゃカワイイですよ」
I「いや、存じませんが」
W「見といたほうがいいですよ。むちゃ、カワイイですから。やっぱナースは新しいのに限りますね」
M「なんですって?」
W「うぐ、、、なぜMさんがここに、、」
I「"芝浜"か」

[楽園はこちら側 2016年7月22日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット