文字サイズ
標準
大きく

悪玉菌の増殖を抑える抗体を発見 腸疾患の新たな治療、予防法確立へ

画期的な治療薬の開発となるか(奈良先端科学技術大学院大学プレスリリースより)
画期的な治療薬の開発となるか(奈良先端科学技術大学院大学プレスリリースより)

   奈良先端科学技術大学院大学、バイオサイエンス研究科応用免疫学研究室の新藏礼子教授らと、長浜バイオ大学、理化学研究所、東京工業大学、ヤクルト中央研究所、熊本大学の共同研究チームは、2016年7月5日、悪玉菌を識別し、その増殖を抑える抗体を発見したと発表した。

   人の腸内には、細菌や菌類、酵母などの腸内細菌が存在する。通常は一定のバランスを保ちながら腸内細菌叢を形成し、健康維持に貢献する「善玉菌」が優勢な状態。しかし、何らかの原因でバランスが乱れ、人体に有害な「悪玉菌」が増殖してしまうと、炎症などの過剰な反応を起こし、炎症性腸疾患をはじめとする腸の疾患を発症することもある。

   研究チームは腸内細菌叢の改善に、もともと腸内に存在し、粘膜の保護や微生物を排除する機能を持つ「IgA抗体」が有効なのではないかと推測。マウスの腸からIgA抗体を分離し、その中でも多くの種類の腸内細菌に一番強く結合した「W27IgA抗体」を、腸炎を発症しているマウスに経口投与した。

   すると、マウスの腸内細菌叢が変化して体重減少が少なくなり、腸炎が抑制され、大腸の組織が改善されたという。

   また、W27IgA抗体は、悪玉菌である大腸菌の増殖は抑えたが、乳酸菌やビフィズス菌のような善玉菌にはほとんど干渉せず、善玉菌と悪玉菌を識別する抗体であることもわかった。

   研究者らはW27IgA抗体が、便移植や細菌移植に比べて質が安定しており、抗炎症剤や免疫抑制剤、抗生剤のようにすべての腸内細菌を減少させてしまうこともなく、腸疾患治療のための抗体医薬品になる可能性もあるコメント。治療薬開発を進め、炎症の治療薬ではなく、腸内細菌叢を改善し根治できる治療薬の確立を目指すとしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
High-affinity monoclonal IgA regulates gut microbiota and prevents colitis in mice.
DOI: 10.1038/nmicrobiol.2016.103 

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット