文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座57

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   隔離予防策は、広範囲? 2

I「マニュアルだと、ESBLのみならず、MRSAとかもみんな"広範囲な感染"だけ隔離の対象にしましょう、と書かれていますね」
M「はい」
I「なぜですか」
M「え?」
I「ESBLが検出されただけでは隔離せず、"広範囲な"感染があるときだけ隔離する。理由はなんですか?」
M「理由とかは、、、別に。昔からこうなってましたし、みんなもそうしてますし」
I「喝ーーーっつ! だめじゃだめじゃ。貴様は破門じゃ」
M「いや、別に弟子入りしてないし」
I「みんながやってるとか、昔からやってるとか、厚労省や保健所がそう言っている、みたいなのは全部、ものを決める根拠にしてはいけません。大事なのは、"なぜ"そうするのか。そして、そうしたことで病院が、患者ケアがよくなるのか。それだけです」
M「なるほど」
I「感染管理の教科書の定番、MayhallのHospital Epidemiology and Infection Controllには、耐性菌伝播の最大の原因は医療者の体から別の患者に伝わっていく方法だと述べられています。そのうえで、ESBLなどの耐性腸内細菌科については、

   Improve hand washing and asepsis Barrier precautions (gloves, gowns) for colonized and infected patients

(など)と書かれています。です。

M「improveは改善する、ですね。hand washing and asepsisは要するに手指消毒ってことですね。barrier precautionsはgloves(手袋)とgowns(ガウン)と書いてあるから、実質接触感染予防ってことですか」
I「はい、そして対象はcolonized and infected patients。定着か感染かは関係ないのです。要するに、その菌を持っている患者であれば、他の患者への伝播の原因となりうるからです」
M「そして、耐性菌の伝播する病院ではよい病院とはいえない」
I「そのとおり。よくできおった。弟子入りじゃ」
M「いやです」

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・感染対策は「なぜ」そうするのか、そしてそうしたら「なに」が起きるのかが大事。

今日学んだ単語:improve, gloves, gown, colonized, infected

[楽園はこちら側 2016年8月2日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット