文字サイズ
標準
大きく

【第6回】「運動するときもスキンケアを忘れないで」スポーツドクター上田由紀子氏

上田由紀子医師
上田由紀子医師

   健康のために運動をと思っても、紫外線対策にまで気を使っている人はそれほど多くないようです。今回は、皮膚科のスポーツドクターとして活躍しているニュー上田クリニック院長の上田由紀子先生を訪ね、運動とスキンケアについてお話を伺いました。

授業やプールでも日焼け止めを使ってほしい

塩谷:新浦安にクリニックを開院されて、どのくらいになりますか。

上田: 33年になります。

塩谷:ほっとできる温かい雰囲気のクリニックですね。患者さんには、お子さんも多いとか。

上田:そうですね。大学勤務時代から、小児の皮膚疾患は得意分野だったんです。そもそも小児の皮膚疾患は多いんですよ。統計的にも、診療科別の子どもの受診者数を見ると、小児科の次に多いのは皮膚科です。

塩谷:子どもは紫外線の影響を強く受けるといわれていますね。ところが教育現場では、戸外での運動時に日焼け止めの使用が禁止されているところもあるとか。

上田:化粧品がNGという学校は、禁止されているところもあるでしょう。また、プールの水が汚れるという理由で禁止しているところもあるようです。その状況を変えようと、2015年9月に日本臨床皮膚科学会と日本小児皮膚科学会が共同で、学校生活における紫外線対策の指針を発表しました。実験データを確認し、日焼け止めで水質汚濁になる心配はないことも明らかになりました。
 以前は、屋外の部活動でも日焼け止めの必要性はあまり考えられてきませんでした。実際、2008年に高校野球の選手たちを調査したときには、日焼けに対する意識は、先生も生徒も高くありませんでしたね。

塩谷:先生はスポーツドクターとしても活躍されていますが、以前からトップアスリートたちに日焼け止めを使うように指導されてきたそうですね。

上田先生の診察室にて
上田先生の診察室にて

上田:はい。屋外で行うスポーツはもちろんですが、屋内で行うスポーツもたいていの場合、外でトレーニングを行っています。太陽光は人の心を明るくしてくれますし、骨を丈夫にするビタミンDを生成する力もありますが、皮膚に関していえば紫外線による害の方が強いのです。たくさん浴びると体が疲れて、パフォーマンスが落ちます。免疫力も落ちるので、ヘルペスなどの病気が出やすくなります。しかも、日焼けで体がヒリヒリしている状態ではマッサージが受けらず、筋肉の疲れもとることができません。顔だけでなく脚や腕など肌を露出している部位には必ず日焼け止めを塗るように指導しています。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット