文字サイズ
標準
大きく

紫外線、どのくらい浴びるとシミになる? 真夏は「1日3分の直射」でもヤバい

あれ、こんなところにシミが...?
あれ、こんなところにシミが...?

   真夏のバーベキューや屋外でのスポーツ観戦。じりじりと肌を焼く紫外線が気になる季節だ。

   では実際、どのくらいの時間、太陽の下に顔をさらしているとシミができるのだろうか?

ケアしないで洗濯物を干すのは危険

   再生未来クリニック神戸院長・神戸大学名誉教授の市橋正光医師らは、「60歳または80歳までシミのない肌を保つには、1日何分まで紫外線を浴びられるか」という研究を行った。市橋医師は紫外線による皮膚の老化(光老化)研究の第一人者。今回の研究結果は2014年9月、『Experimental Dermatology』オンライン版で発表した。

   市橋医師らはまず、日本人が年間に浴びている平均紫外線量を計算した。浴びてから24時間後に肌が赤くなるのに必要な、最小限の紫外線照射量をMEDという単位で表すと、日本人の場合、1MEDは真夏の日中、10~14時のもっとも紫外線量が多い時間帯に約20分間紫外線を浴びた量に相当する。今回の研究で、日本人が年間に浴びている紫外線量の平均は200MEDと算出された。

   紫外線量が蓄積して4000MEDに達すると、シミができるという。つまり、生まれてから何の対策もせずにいると、20歳になるころにはシミができる計算になる。60歳までシミをつくらないためには、4000MED÷60=66.7MED。つまり年間66.7MEDまでしか紫外線を浴びてはならない。80歳までなら年間50MEDで、平均の4分の1だ。

   次に、市橋医師らは「ノーケアで1日に何分間、紫外線を浴びられるか」を算出。詳しい計算方法は省くが、60歳までシミを作らないためには、真夏で1日3.27分、春と秋は6.6分、冬でも16.3分が限度だ。80歳までなら真夏で2.54分、春秋5.8分、冬では12.7分まで。真夏だと洗濯物干しすら終わらない。アウトドア活動などもってのほかだ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット