文字サイズ
標準
大きく

美容皮膚科学会スタート

as_20160808103241.jpg

   今日から美容皮膚科学会が始まった。

   今や会員2000人の立派な学会。発足当時はわずか80名ほど、そしてその後数十年の苦戦を考えると感無量。

   当時の関係者、僕と同じ後期高齢者の皮膚科の名誉教授だが、こう述懐した。
"あの頃はこの学会に出るのは、踏み絵を踏まされる覚悟でしたね"
そう、皮膚科の主流派が美容に対する蔑視は並々ではなかった。形成外科学会の美容外科に対する風当たりも半端じゃなかった。お互いに不遇を託ったものである。

   だが、美容外科の方がスタートは20年早かった。その20年の間に元来は美容皮膚科の領分とも言えるノンサージカルの分野、例えばレーザー、ケミカルピーリングそしてヒアルロン酸のフィラーなど、我々形成美容外科医が薬籠中のものとしてしまった。

   これまで保険診療に安穏としていた皮膚科医師達が美容の意義に気づいたのは10年ほど前。復権を叫んで、皮膚科学会も美容皮膚科学会にテコ入れを始め、今日を迎えた。そうこれからは、形成外科と皮膚科で美容医療の発展のために補完しあって、コラボの実を上げていきましょう。

   フォトは特別公演の虎の門病院の大内院長と座長の元皮膚科部長の大原先生。医学部のクラスメートということもあり、和やかなセッションでした。

[アンチエイジングブログ! 2016年8月6日掲載]
アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット