文字サイズ
標準
大きく

エコノミークラス症候群は家の中でも起きる オリンピック観戦中も30分に1回立ち上がろう

   夏休みで帰省したり海外旅行に出かけたりする人も多いだろう。飛行機や車の長時間移動で気を付けたいのは、肺血栓塞栓症。いわゆるエコノミークラス症候群だ。

   最近では、家の中にいても起こることがわかった。

夢中になると、時間がたつのはあっという間...
夢中になると、時間がたつのはあっという間...

長時間テレビを見ている人は危ない

   肺血栓塞栓症は、長時間、脚を動かさずにいることで、太ももの奥にある静脈に血栓(血のかたまり)ができる。

   その一部が、血流にのって肺まで飛んで、肺の血管を詰まらせてしまう病気だ。息苦しくなったり、胸が痛くなったり、重症化すると心肺停止することもある。

   エコノミークラス症候群は、その名の通り、国際便の航空機でよく起きることが知られているが、車中泊をする場合にも発生しやすい。2004年に発生した新潟中越地震や、2016年4月の熊本地震では死者が出るなど、問題になった。

   なりやすいのは、40歳以上で、以前に静脈血栓を患ったことがある、脚にケガをしている、がんを患っている人など。また、若くても妊娠中、出産後の女性は注意が必要だ。

   長時間移動や車中泊をしていなくても、エコノミークラス症候群で死亡するリスクはあるというのが、最近の研究で明らかになった。家の中で1日5時間以上テレビを見る人は、肺血栓塞栓症で死亡するリスクが高くなるという。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット