文字サイズ
標準
大きく

目に入る紫外線に注意! 専門家に聞く「サングラスの正しい選び方」

   紫外線対策のマストアイテムといえば、帽子に日傘、日焼け止め。しかし、それだけでは守りきれない部位がある。紫外線に直接さらされるにも関わらず、意外と無防備なのが、目だ。

かえって目に負担をかけている場合も
かえって目に負担をかけている場合も

角膜炎、白内障のリスクも

   紫外線は皮膚だけでなく、目にも悪影響を及ぼす。紫外線が原因の一つとされる目の病気には、紫外線角膜炎や白内障などがある。

   紫外線角膜炎は、強い紫外線を浴びて傷ついた角膜が炎症を起こし、目の痛みや充血などの症状が出る。スキーヤーに多い「雪目」や、溶接作業をしている人に見られる「電気性眼炎」などが代表例だ。紫外線角膜炎は一時的なもので、1、2日もすればたいてい治るが、紫外線の害が蓄積するとより深刻な病気を招く。悪化すると失明に至る白内障だ。

   白内障にはさまざまなタイプがあるが、日本人にもっとも多くみられる皮質白内障というタイプでは、紫外線との関係が知られている。

   白内障は、眼球の水晶体が濁って光を通しにくくなることで、視力が低下する病気だ。水晶体は、網膜に像を結ぶために光のピントを合わせるところで、カメラでいえばレンズにあたる。紫外線は、角膜を通して水晶体で吸収される。そのとき、水晶体のたんぱく質に変化が起こり、濁らせてしまうと考えられている。

   初期の段階では、水晶体が硬くなることによって、老眼が進行する。濁りが強くなると視力が低下し、進行すると失明に至る。

   日本では、医療技術の進歩のおかげで、白内障は失明理由の3%ほどに過ぎないが、加齢にともなう白内障は、早い人では40代から発症し、50代で急増、80代では、ほとんどの人に白内障の症状がみられるという調査結果がある。手術によって失明は免れるかもしれないが、若いうちからリスクを最低限におさえる努力が必要だ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット