文字サイズ
標準
大きく

「自分の人生はいいことばかり」は記憶障害の前兆? 脳機能の低下を補うためか

いい思い出は記憶力低下の証...?
いい思い出は記憶力低下の証...?

   高齢者が何らかの出来事を思い出すとき、正の記憶(いいこと)ばかり思い出すのは、記憶障害の初期段階の可能性が高いとする研究結果が、米カリフォルニア大学の研究者らによって発表された。

   研究では、平均年齢74.8歳の高齢者32人に、あまり複雑ではない物語を暗唱してもらい、実験直後、20分後、1週間後に物語の詳細を口頭で質問。回答内容に応じて「物語の正の部分を記憶している」「物語の負の部分を記憶している」「物語の中立的な部分を記憶している」の3グループに分類した。

   さらに、記憶力の状態を調査するため、アルツハイマー病の診断などで用いられるテストを実施し、被験者たちを「記憶力が高いチーム」と「記憶力が低いチーム」に分類し、朗読実験の結果と照らし合わせた。

   ただし、「記憶力が低いチーム」であっても何らかの疾患であると診断されるほど深刻な記憶力低下は見られなかったという。

   その結果、「記憶力が低いチーム」は「物語の正の部分を記憶している」傾向にあるが、中立的な部分を覚えておらず、「記憶力が高いチーム」はその逆に、「物語の中立的な部分を記憶している」が、正の部分はあまり覚えていなかった。

   研究者らはこの結果について、記憶力低下を補うために、いいことだけをなるべく記憶するようになっているのではないかと指摘。「いいことを優先的に記憶することで、記憶があいまいになっているという不安感を補っているのではないか」とコメントしている。

   今回の研究は、疾患や実際の脳機能との因果関係を示すものではない。発表は、神経生物学分野の専門誌「Learning & Memory」8月号(Vol 23, No.8)に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
Positivity effect specific to older adults with subclinical memory impairment.
DOI: 10.1101/lm.042010.116 PMID:27421893

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット