文字サイズ
標準
大きく

生涯はつらつと過ごすために 気を付けたい「フレイル」とは

フレイルに陥っていないか、ときどきチェックすることが大切
フレイルに陥っていないか、ときどきチェックすることが大切

   総務省が2016年6月29日に発表した2015年の国勢調査の速報値によると、65歳以上の人口は3342万2000人。その割合はイタリアやドイツを上回り、主要国で最も高くなった。

   超高齢社会を目前に控えた今、これまで以上に高齢者の健康寿命を延ばすことが重要視されている。そのために必要だといわれているのは「フレイル」の予防だ。

加齢とともに進行する

   フレイルとは英語で「虚弱」を意味するFrailtyに対応する概念で、2年前に日本老年医学会が提唱したものだ。加齢にともなう機能低下から「歩けなくなって外出頻度が減った」「疲れやすくなって何をするにも億劫になった」などの、さまざまな問題を予防するため、日本老年医学会を中心に研究が進められている。

   6月に行われた第16回日本抗加齢医学会総会でも高齢者のフレイル予防についてのシンポジウムが行われ、多くの医療従事者、専門家が参加した。

   東京大学高齢社会総合研究機構教授の飯島勝矢氏は、フレイルにはフィジカル(身体的)、メンタル(精神心理的)、ソーシャル(社会的)という3つの要素があり、多面的な3つすべてに配慮した取り組みを行う必要があると発表した。

   特に身体的フレイルの予防は重要で、それには加齢による筋肉量の低下から筋力や身体機能が衰え、要介護の入り口となる「サルコペニア」の問題を考え直す必要がある。

   着目したのは「食べる力」だ。肉など硬いものが噛みにくくなり、軟らかい物ばかり食べると、あごを動かす筋肉だけでなく舌の筋量も減る。するとさらに噛めなくなり、最終的には食べられなくなる。この負のスパイラルが身体的なサルコペニアに大きく関わるとした。高齢者の孤食も問題だという。

   飯島氏が千葉県柏市で行った大規模高齢者健康調査(柏スタディー)を解析した結果、サルコペニア対策には「栄養(食と歯科口腔)・運動・社会参加」の三位一体が重要だとわかった。これらのうち、どれも欠けてはならないことを多くの人に伝えることが必要だと強調した。

   フレイルの進行は社会とのつながりを失うことから始まり、次に栄養面に進行するという。滑舌が悪くなったり、以前より噛めなくなったりなど、些細な口のトラブルに気付くことが、フレイルの進行を止めるきっかけになるかもしれない。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット