文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座63

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   手袋は毎度替える?3

   WHOのガイドラインが見つかりました。

WHO guidelines on drawing blood:best practices in phlebotomy
http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/44294/1/9789241599221_eng.pdf

I「ほら、phlebotomyって出てきました」
M「2010年のものですね」
I「これは患者さんと医療従事者、両者の安全のために作られたガイドラインのようです」
M「あ、Protecting patientsのところにいきなり核心です」

When taking blood, health workers should wear well-fitting, non-sterile gloves, and should also carry out hand hygiene before and after each patient procedure, before putting on gloves and after removing them.

M「うーん、長い」
I「長くない。長いと思ったら分割です」
When taking blood,  採血の時は、
health workers should wear well-fitting, non-sterile gloves 医療者はサイズがピッタリあった、滅菌でない手袋を着けるべきだ。Should wearに注意です。

and should also carry out hand hygiene  それから手指消毒もやるべきだ。
carry outは実践するとか実行するって意味です。

before and after each patient procedure, それぞれの患者の手技の前と後で
, before putting on gloves and after removing them. 手袋を着ける前と、とった後で

M「でた!核心」
I「ほら、実は難しい文法も単語も全然入っていませんね」
M「要するに、先生の推測が間違ってたってことですね」
I「そういうことです。今回は脱帽ですね」

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・採血時は手袋を。各手技ごとに手袋を外し、合間に手指消毒。

今日学んだ単語:carry out

[楽園はこちら側 2016年8月24日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット