文字サイズ
標準
大きく

温泉の恵み

as_20160826103702.jpg

   このところ「日帰り温泉」に嵌っている。

   きっかけはお盆だ。八ヶ岳の山小屋で週末を過ごし、ふと近くの温泉に行く気になった。その気になれば○○の湯、○○温泉など近くに幾らもある。試しに浸かってみると、腰の調子がよい。

   改めて温泉ガイドを開くと、ほとんどの温泉は腰痛の効果をうたっている。何を今更と言われそうだが、これまで鍼灸、インディバ、ウルトラ・アクセントなど腰痛にいいと聞けば、手術以外の手段は全て試してきたのに、温泉に思いを致さなかったのは迂闊であった。

   そして腰痛だけでなく、何より気分が良くなる。特に露天風呂はこたえられない。エビデンスはともかく、アンチエイジングによいことは間違いない。

   温泉は嫌いではない。むしろ「温泉好き」と言える。だが意識してではないが、これまで何故か温泉は「泊まり」を前提としていたようだ。これから毎週とはいかなくも、せめて月一回は日帰り温泉を実行するつもりである。

[アンチエイジングブログ! 2016年8月25日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット