文字サイズ
標準
大きく

アスリートにこそ必要だ 抗酸化成分「アスタキサンチン」

   サプリメントや化粧品の成分として知られるアスタキサンチン。活性酸素に対する高い抗酸化力が注目されている。

   その研究開発、製造、販売を手掛けるアスタリール株式会社が主催する「アスタリールスポーツシンポジウム2016」が7月26日、都内で開かれた。アスタキサンチンがアスリートに与える影響について活発な意見が交わされた。

「アスタリールスポーツシンポジウム2016」
「アスタリールスポーツシンポジウム2016」

過度の運動は酸化を促進

   アスタキサンチンは天然の色素成分、「カロテノイド」の一種。抗酸化物質と呼ばれるものは多数存在するが、2007年に富士化学工業が発表した研究によると、アスタキサンチンの抗酸化力は、「βカロテン」の4.9倍、ルテインの2.6倍、リコペンの1.6倍、「ビタミンC」は6000倍になるとされている。

   老化を進め、代謝を悪くする体内の活性酸素。その働きを抑えるのが抗酸化物質だ。もともと体内にあるが、喫煙や栄養不足、ストレスなどで活性酸素が増えると、対応できなくなる。

   しかし、アスリートはふだんからトレーニングに励み、食事内容にも十分に注意しているはず。いわば究極の健康的な生活を送っている人たちだ。抗酸化物質とは無縁の存在のようにも思える。

   だが、「アスリートにこそ抗酸化物質の摂取が重要になる」と語ったのは管理栄養士でもある東海大学の菊地恵観子氏だ。

   菊地氏は、適度な運動は酸化を防ぐが、アスリートレベルの過度な運動は酸化を促進する可能性があり、エネルギー産生の過程で酸化ストレスが発生すると指摘。抗酸化物質の摂取によって円滑なエネルギー産生のみならず、競技の成果アップも期待できる、とアスリートにとっての抗酸化物質の重要性を説いた。

   一方で、アスリートのパフォーマンス向上に不可欠な、酸素の運搬を担う体内の鉄分が、抗酸化物質を過剰に産生する原因となることを示唆する研究があることも明らかにした。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット