文字サイズ
標準
大きく

男が気になる「包茎」 手術の前に泌尿器科の診察を

   美容医療に関するトラブルといえば女性からの相談が多いと思いがちだ。

   しかし、国民生活センターが、2016年6月23日に過去5年間で男性から寄せられた相談2131件中、半数以上の1092件を占める美容医療トラブルについて注意喚起をおこなった。そのトラブルとは、「包茎手術」だ。

そもそも包茎手術は不要?

   国民生活センターによると、包茎手術に関するトラブルの内容は、契約や解約に関する相談が 758 件と最も多く、次いで価格、料金に関する相談が 711 件、品質や安全、衛生に関する相談が 218 件となっている。

   中には危害事例もあり、「施術部分が裂けた」「出血が続く、大量に出血した」「組織が壊死した」という症状勃起障害、射精障害などの性機能障害となってしまったという例も見られる。

順天堂大学医学部附属浦安病院先任准教授 辻村晃氏
順天堂大学医学部附属浦安病院先任准教授 辻村晃氏

   そもそも「包茎手術」は必要なのか。文化や宗教的な理由で、新生児や幼児に「割礼」として包茎手術をおこなう国も少なくないが、ここでは医学的な意味を考えてみたい。

   男ならほとんどの人が知っているだろうが、「包茎」とは、陰茎の亀頭が包皮で覆われたままの状態を指す。程度の違いこそあるものの、思春期を過ぎたころから包皮は手で簡単に向ける状態となる。

   このとき、勃起しても包皮を手でむくことができない「真性包茎」や、包皮をむくことはできるものの、口の部分が狭く亀頭が強く締め付けられてしまう「カントン包茎」は、包皮炎などの感染を引き起こすリスクが高く、排尿が困難になる可能性もあり、保険診療による包茎手術の対象となる。医学的に治療が必要な包茎であるとみなされるためだ。

   これに対し、勃起時に包皮が手で簡単にむけたり 自然と亀頭が露出する「仮性包茎」は、本来手術は必要ない。

   もちろん、入浴時に包皮と亀頭との間を丁寧に洗うといった最低限のケアは必要だが、「排尿や性行為に問題がなければ治療しなくても問題ない」と、男性医療の専門家であり、泌尿器科医である順天堂大学医学部附属浦安病院の辻村晃医師は言う。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット