文字サイズ
標準
大きく

男が気になる「包茎」 手術の前に泌尿器科の診察を

コンプレックスや不安を煽り高額請求

   仮性包茎であっても包皮をむくと皮膚の裂傷を伴うようなものは保険診療で対応できる場合もあるが、基本的に見栄えよくするために余っている包皮を切除するという手術は美容医療であり、保険診療外になる。辻村医師によると「自費診療でも、一般的な泌尿器科なら5~10万円程度」だという。

   しかし、国民生活センターの事例によると、実際の契約購入金額は50~100万円以下が最も多く、次いで100~150 万円以下となっており、高額請求が大半だ。

   「仮性包茎は女性に印象が悪い、衛生状態に問題があり病気になるなどと不安を煽り、高額な医療費をとろうとする悪質なクリニックがあるのは事実です」(辻村医師)

   実際、国民生活センターの調査でも、仮性包茎の人が手術を受けた理由は「包茎のままだと自信が持てないと思った」「異性に包茎だと思われるのが恥ずかしいから」「性交時にお互いが十分な刺激を得られないと思ったから」「早漏の原因だと思った」など性機能やコンプレックスと思われる理由が多くなっている。
「仮性包茎に性機能上の問題はなく、治療の必要はありません。まして、コンプレックスをもつべきものでもありません」(辻村医師)

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット