文字サイズ
標準
大きく

もはや「臭くない」のは当たり前 香りで男を上げる方法

香りで印象は変えられる
香りで印象は変えられる

   香りは女性をより魅力的に見せる。では、男性は...? 「消臭」から一歩進んだ「男の香り」について、専門家の意見を聞いた。

オトコ度低いほど印象が変わる

   英スターリング大学の研究者らが2016年5月にEvolution & Human Behavior 誌に発表した論文によると、外見で女性から「オトコ度」が低いと見られがちな男性は、デオドラント(体臭防止剤・香りつき)をつけることで、その印象を変えることができるという。

   研究チームは最初に、男女のボランティア20人ずつの体臭のサンプルを採取し、次に、無香料の石けんで体を洗ったあと、手持ちのデオドラントをつけてもらい、再度サンプルを採取した。239人の若い男女がそれぞれのサンプルのにおいをかいで、「オトコ度」「オンナ度」を評価。また、別の130人にボランティアの顔写真を見せて、「オトコ度」「オンナ度」を評価してもらい、においと顔立ちの男らしさ・女らしさとの相関関係を調べた。

   その結果、男性が評価したケースでは、女性は全員、デオドラントをつけることでオンナ度がアップしたが、顔立ちの女性らしさとにおいとの相関は見られなかった。一方、女性が評価したケースでは、男性の顔立ちとデオドラントをつけていないときのにおいのオトコ度に相関がみられた。また、デオドラントをつけることで、顔立ちのオトコ度が低い男性はにおいのオトコ度が上がったのに対し、もともとオトコ度が高い男性の評価は変わらなかった。

   このことから、研究者らは、「女性は男性よりにおいに敏感な傾向がある」としたうえで、「男性はデオドラント(香り)を身につけることでオトコ度を上げることができるが、あまりにオトコ度が高いと攻撃的で敵意を感じさせるのかもしれない」と推測している。香りは、見た目のオトコ度が低いほど「勝負アイテム」になりうるのだ。

   実際、「オールド・スパイス」や「AXE(アックス)」といった海外ブランドの男性向けデオドラントの広告は、「男らしさ」を打ち出しているものが目立つ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット