文字サイズ
標準
大きく

足が"つる"相談を、同業の友人に

   同業の、長年の友人・知人たちは、美容を軸にそれぞれ詳しい分野を持っているので、助けてもらうことがよくあります。

   先日は某所での勉強会のあと、駅まで歩く間の雑談で、何の流れだったか忘れてしまったけれど「最近、歩いていて足の指がつる」のだと口走ったところ、同業のYTちゃんが即座に
「それ、ツムラの68番!」と回答。
彼女は趣味のスポーツもずっと続けていて、そのお仲間も68番が"必需品"なのだそう。

   で、さっそく次の打ち合わせに向かう途中に薬局へ。その薬局はツムラよりクラシエの漢方薬を重点仕入れしているようでYTちゃんおすすめのものはなく、薬剤師さんに相談しつつ、これを購入。

as_20160912103104.jpg

   筋肉のけいれん、こむら返り、腹痛・腰痛に効果がある、クラシエの芍薬甘草湯

   そもそも、足がつる原因は「冷え」とか、発汗などによる「ミネラルバランス」の乱れなので冷え性の人や汗をかきやすい人は要注意。まだ暑さによる発汗も、冷房による冷えも両方ありそうだから、しばらくはこれを1包、持ち歩くといいかも。

   やってはいけないのは「トシだからねー、しょうがないよね」と何もしないこと。ありがちな症状や異変にも原因はあるし、簡単な解決策はあるのでまずは薬局で漢方を、原因は検索して、自分でできることを取り入れれば、病院に行く時間が取りにくくても改善する可能性はあります。

   というわけで、顆粒の芍薬甘草湯は、熱いお湯に溶かして飲むと胃腸も温まり、成分の吸収も良くなるのでおすすめ。ある漢方医に、「湯」という字のとおり、そもそも漢方薬は生薬を煮だして飲んでいたのだから、水ではなくお湯に溶かして飲むように、とアドバイスを受けてからそうしています。

[アンチエイジングブログ! 2016年9月11日より転載]
美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット