文字サイズ
標準
大きく

医師からの警告「ヤケドをしたら温める」は危険 「冷やすのが鉄則」

   「ヤケドをしたら温める」という対処法が、先週からネット上で話題になっている。

ヤケドはすぐに水で冷やす!
ヤケドはすぐに水で冷やす!

軽い場合は患部あぶる?

   話題のもとは、とある「自然派ママ」が2016年9月5日に投稿したブログ。

   ブログでは、キッチンでかなり熱めのお湯に手の甲を突っ込み、その際、すぐにガスコンロの上に手をかざしたところ、その後、痛み等もなくなったと報告。大やけどなら別だが、ちょっとしたヤケドだったら、ガスコンロなどで患部をあぶるといいと書かれている。

   このブログに対し、ツイッター上では、

「仕事柄ヤケド多くて冷やしたくても冷やす暇もなくむしろ保温器の熱にさらされることの方が多いけど、こんな事してたら逆に痛いわ(怒)」

「元看護師の母に聞いてみたら、やっぱり最初は炎症を抑えるために冷やした方がいいけど、冷やし終わって対処も済んだらほんの少し温めるといいらしかった。 ...このほんの少し温めるがなんか超斜め上に誤解されて広まったのか?」

   など、疑問視する声が多く上がり、炎上状態となった。

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット