文字サイズ
標準
大きく

TBS「この差って何ですか」見て「えー?」

   昨日18日の夜、TBS系列で放送された「この差って何ですか?」のスペシャル。途中から見始めたのですが、テーマが「体の悩み&病気の差」だったので、ついつい、最後まで見てしまいました。

   ↓エンディング

as_20160920114324.jpg

   1つの"お悩み"についての"差"を専門家が回答するスタイルで登場する専門家は医師が多かったのですけれどそれ、答える科が違うんじゃないのー? とか「えー!?」って思ったのもいくつかありました。

   たとえばまぶたのたるみや、視野が狭くなる眼瞼下垂などは、皮膚だけでなく内部組織までご存知の形成外科、または眼科の医師が専門です。

   専門外でも勉強している医師もいらっしゃいますけれどね、テレビだと、そうでなくてももっともらしく見えてしまうので、影響力を考えるとやはり専門の方に話していただけるといいなー、と思いました。

   そして、番組の中で「目をパッチリさせられる、自分でできる方法」を尋ねられた医師が「まぶたをぎゅっと閉じてからパッと開くことを繰り返すと、眼輪筋が鍛えられる」から効果がある、というようなことを言ってましたが・・・・・

   眼輪筋って目もとの表情に関わり、シワを作ってしまう表情筋ですから残念ながら、そのやり方ただとぱっちりするどころか、目の周りのシワにつながります! 目の周りのシワを和らげるために、ボトックス注射で眼輪筋の動きを抑える治療法があるくらいですからね。

   ひとりの専門家の答えを放送するのは「その人個人の見解」だから、アリです。多少間違っていても、内容の責任は発言者となるし、製作側が良しあしの判断をする必要はないのだと、制作関係の方から聞いたことがあります。

   専門家が何人かひな壇に並んでいる番組なら、知ってる人が答えたり、議論になることもあるけれど、この日の番組のように、1人が答える場合は「えーっ」ていうこともありますね。

   まぁ、このときの質問が「自分でできる予防法」で、しかも「目をぱっちりさせたい」って内容なので、回答にふさわしいのは美容外科医でもなく、エステティシャンかもしれませんね。

   「誰に聞くか?」は、とても重要。バラエティ番組なので、気楽に見てればいいのかもしれませんが医療系だと笑ってすまされないこともあるので、改めて考えさせられました。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2016年9月19日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット