文字サイズ
標準
大きく

「健康」と「美食」は両立する Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート

   2016年7月21日、3回目となるAging Styleとグッドデザイン賞のコラボレーショントークイベントが、東京丸の内のGOOD DESIGN Marunouchiで開催された。

   「食とデザイン」をテーマに、北里大学北里研究所病院・糖尿病センター長の山田悟医師と、フードデザイナーのモコメシこと小沢朋子氏が、互いに独自の視点で「食べる」ということを読み解くイベントとなった。

山田悟医師(右)と小沢朋子氏(左)
山田悟医師(右)と小沢朋子氏(左)

「おいしいものは不健康」ではない

   山田悟医師は、糖尿病の食事療法でもあり、肥満やメタボの解消も期待できると話題の「ロカボ(低糖質食)」の提唱者として知られ、エビデンス(科学的な実証)に基づく食と健康の関係について詳しい。

   イベントでも、糖尿病専門医の視点から、「食後血糖値が急激に上昇する人は、認知機能が低下する」「高血糖の人や糖尿病患者には認知症患者も多い」といった研究を紹介。糖尿病患者に限らず、今は健康な人でも、日常的に「血糖コントロール(血糖値の急激な変化を抑える)」を心がけることが重要であると語った。

   血糖コントロールに限らず、減量のための食事療法など、いわゆる「健康的な食事」は、それほどおいしくない、どちらかといえば味気ない食事で、「健康のためだから、多少まずくでも我慢して食べる」というイメージもあるのではないだろうか。

   しかし、山田医師は「美食と健康は必ずしもトレードオフではない」という。

「いくら健康的でも、おいしくない食事では続けていくモチベーションが湧かず、結局やめてしまう。おいしく、楽しく、食べて健康になれてこそ、健康的な食事といえるはずです」(山田医師)

   山田医師が提唱するロカボの場合、注意すべきなのは糖質の量だけで、カロリーは気にせず、むしろたんぱく質や油脂をしっかり豊富にとってよい。また、糖質を一切口にしてはいけないわけではないので、主食も毎食40グラム(1日130グラム以下)程度なら食べて構わない。

   アルコールも、糖質が少ないワインや蒸留酒なら口にできるし、低糖質のものならスイーツ類も問題ない。今回のイベントでも、シマダヤやモンテール、ローソンなどが参加し、パンやうどん、シュークリームなど各社が販売している多様な低糖質の商品も紹介され、試食もできた。会場では、シュークリームを食べて「普通に美味しいので驚いた」という声も聞かれた。記者はうどんとパンを食べたが、思わず笑顔がこぼれる味だった。

   また、おいしいだけにとどまらず、ロカボにはしっかりとしたエビデンスが存在するのも特徴だ。海外での研究はもちろん、国内で日本人を対象にした減量効果や血糖改善効果を証明する研究もある。薬物治療を受けていた糖尿病患者の薬の量が減った、というデータもある。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット