文字サイズ
標準
大きく

『見える風景が変わるか? 2040年の薬局』 川渕孝一/著(薬事日報社)

『見える風景が変わるか? 2040年の薬局』
『見える風景が変わるか? 2040年の薬局』

   高齢化のピークに達する2040年に向け、医療経済の視点から、日本の薬局の方向性を大胆に予言した。

   地域包括ケアシステムと健康サポート薬局制度で薬局・薬剤師はどう変わるべきか、東京医科歯科大学大学院教授を務める筆者が見解を述べる。今起きていること、これから起きることが見えてくるおすすめの一冊。

目次
第1章●実現するか?「院内薬局」
第2章●見える風景が変わるか? 2016年診療報酬改定
第3章●「勝ち組」と「負け組」の二者択一!?
第4章●求められる薬剤給付のルール化
第5章●たかが「かぜ」、されど「風邪」
第6章●医療費削減につながるか? 「セルフメディケーション税制」
第7章●薬局は「地域包括ケア」にどう取り組むか?
第8章●2040年の日本の薬局はどうなっているか?

医師・専門家が監修「Aging Style」

4840813620『見える風景が変わるか? 2040年の薬局』
川渕 孝一
薬事日報社 2016-08-04

by G-Tools
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット