文字サイズ
標準
大きく

健康と病気の中間領域「未病」とは? 腸内環境を手掛かりにシンポジウム

日本健康生活推進協会理事長 大谷泰夫氏
日本健康生活推進協会理事長 大谷泰夫氏

   健康状態といえば「健康か、病気か」の二択、というのが一般的な認識だが、どちらとも言い切れない状態、「未病」という概念が近年提唱されている。健康とも病気とも言い切れない状態とは、一体どのような状態なのだろうか。

   未病への理解を深めるため、2016年9月14日に開催された、「腸内環境」の視点から未病に迫るシンポジウム、「腸内環境から未病を考える」を取材した。

主体的に健康づくりに取り組むための概念

   シンポジウムで「未病」について解説したのは、提唱者のひとりで前内閣官房参与、日本健康生活推進協会理事長である大谷泰夫氏だ。大谷氏は、未病とは単に体の状態を示すだけではなく、「生き方が変わる考え方」につながるものだと語った。

   つまり、「健康診断の結果が悪化しないよう、生活習慣を改善しよう」「病気の回復後、また発症することがないよう注意しよう」「加齢によって足腰が衰えすぎないよう運動をしよう」といったように、自分が健康と病気の両極どちらかではなく、その中間にあることを意識するための動機付けのようなものだ。

   「未病の状態を意識して、自分の生き方を誰かに決めてもらう受け手としてではなく、自ら判断し、最適な健康サービスや医療情報を選ぶための考え方なのです」(大谷氏)

   大谷氏の講演後、最新の腸内環境の知見から未病を読み解いたのは、東京大学医学研究所教授で、粘膜免疫学の専門家でもある清野宏氏だ。腸内環境は食生活と密接な関係があることが近年の研究で明らかになっている。つまり、特別な治療に頼ることなく、未病の段階で問題を解決、改善しやすい部分であるともいえる。

   清野氏は、腸は消化器官であると同時に免疫器官であり、普段の健康状態を大きく左右する、鍵になる器官だと語った。

   「腸は皮膚よりも広く大きい器官であり、その粘膜には無数の免疫細胞がつまっています。さらに、リンパ組織が存在しており、人体でも最大規模の免疫器官だと言えるでしょう」(清野氏)

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット