文字サイズ
標準
大きく

アンチエイジングは歯科治療から

as_20161013113512.jpg

   106歳で身罷った親父が100歳の誕生日の時、ホテルオークラでお祝いをした。

   何になさいます?とウエイターに聞かれ、"ああ、ステーキだ。"
親父は玄米菜食主義だが、本当は肉も甘いものも大好きなのにいつもはやせ我慢している。
"お前らが食えというから食ってやる"、と毒ずく。
"ヒレかサーロインかどちらで?"
"もちろんサーロインだ"

   食べ終わってまたウエイターが聞く。
"いかがでした?"
"味はいいが歯ごたえがなかった"
と、親父は答えた。その時親父はまだ全部自前の歯だった。肉も上等すぎたようだ

   アンチエイジングの3割は歯科領域というのが僕の持論である。自分の歯で噛むことは脳の活性化につながる。また、歯周病は糖尿病やその他全身病の原因にもなる。

   80歳で自前の歯を20本という80/20運動が功を奏して、最近では歯周病もコントロールされるようになってきた。

   だが歯磨きは難しい。自分でいかに丁寧に磨いても、少しずつ歯石は溜まる。できれば2ヶ月に一度は、歯科でケアしてもらうことをお勧めする。最近は大病院志向で家庭医が少なくなったが、歯科には誰でも通う。つまりかかりつけの歯科医は誰でも持っている。いっそ歯科医の先生方に、アンチエイジングの相談窓口になっていただくのはいかがなものだろう?

[アンチエイジングブログ! 2016年10月11日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット