文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、感染対策者のための英語講座98

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

I「同じように、de-escalationの効果などをメタ分析しています」
M「さらさらっと読んでいきましょう」

I「で、Figure 3ではTDMの腎毒性に対する効果で、これもフォレストプロットでTDMやったほうがよいよ、になっています」
M「ふむふむ。玉ねぎ口ですね」
I「パタリロから離れんかい!あと、Figure 4では黄色ブドウ球菌菌血症(Staphylococcus aureus bacteremia)でベッドサイドコンサルテーションがあると、死亡率が下がると示されてます」

M「うわあ、こんなざっくりで、Results読んじゃいましたね」
I「ま、普段の知識がある領域なら、こういう読み方もありです、、、ときには」

英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・図と表を中心に論文のキモだけサクサクすくい取ってみよう。

[楽園はこちら側 2016年11月2日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

女性は86歳で世界1位
男性は...?

海外で禁止されている製剤が日本では使われている?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット