文字サイズ
標準
大きく

小さくてオシャレな多機能活動量計 「MISFIT SHINE」を体験してみた

   近年、よく名前を聞くようになったツールのひとつが「ウェアラブル端末」だ。「身につけられる(wearable)な端末」という名前の通り、腕や足などに装着して使用する機器のことで、少し前に話題となったメガネ型の「Google Glass」や、ブレスレット型で腕時計のような「Apple Watch」もウェアラブル端末とされる。

写真は「ミスフィット シャイン」。シリーズの最新モデル「RAY」は2016年グッドデザイン賞を受賞した
写真は「ミスフィット シャイン」。シリーズの最新モデル「RAY」は2016年グッドデザイン賞を受賞した

活動量計もウェアラブルな時代

   最新の機械に興味がない人にとっては、用途がわかりにくいものも多いウェアラブル端末だが、目的が明確で、家電量販店などで専用のコーナーが設けられていることもあるのが、活動量計タイプのウェアラブル端末だ。

   ソニーやLGのような家電メーカーから、オムロンやタニタなどの健康機器メーカー、アディダスといったスポーツブランド、世界各国のベンチャー企業まで、各社が独自の機能を搭載した端末を販売している。共通しているのは「日々の身体活動量(運動量)を手軽に記録できる」という点。利用者はただ装着するだけでよく、端末が歩数や移動距離、運動量、消費カロリー、心拍数などを計測してくれる。

   形状はブレスレット型が主流で、腕時計のようにディスプレイに計測した数値が表示されるものもあるが、端末は計測に特化させ、詳細なデータの確認は専用のスマートホンアプリと同期させることが前提となっているものも少なくない。

   わざわざウェアラブル端末を使うような人は日常的に運動をしている人で、フィットネスやトレーニングの記録、身体能力の向上を確認するために利用しているのではないか、と感じてしまうかもしれない。

   しかし、フィットネスやトレーニングに限定せず、普段使いの活動量計、ちょっと多機能な万歩計としても利用できるよう工夫されている製品も登場している。

   今回、編集部で半年間に渡って試用してみたのが、フォッシルから販売されている「MISFIT SHINE(ミスフィット・シャイン)」だ。歩数と移動距離、消費カロリー、睡眠時間と睡眠状態を記録できるが、データを確認するには、専用のスマホアプリと同期させる必要がある。

   直径3センチほどの、少し大きめのボタンのような形状で、専用の装着クリップを使用すれば、ポケットや襟、足首、靴など全身どこにでも装着でき、スポーツ用の手首に装着するゴムバンドが用意されている。それ以外にも高級腕時計を思わせるレザーバンドや、アクセサリー感のあるシルバーのネックレスもあり、お洒落さを感じさせる着け方も可能だ。

   さらに、数字や文字が一切表示されない代わりに、コイン電池1個で半年間は動き続けるため、充電のたびに外す必要はなく、一度着けてしまえば半年間着けっぱなしという使い方もできる。基本的に、フィットネス用途に寄った端末が多い中、MISFIT SHINEは普段使いを強く意識した作りとなっている。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット