文字サイズ
標準
大きく

具合が悪いのは寒すぎる家のせいだった? 冬は、わずかな温度差でも体に影響する

   俳優の平幹二朗さん(82)が亡くなった。浴槽で倒れているところを発見されたが、死因はわからなかったと発表されている。

   厚生労働省の「人口動態統計」によると、「家庭内の不慮の事故死」は例年1万3~5000人程度確認されており、事故状況を入浴周辺に限定すると、4~5000人。家での事故死の3分の1は風呂場で起きていることになる。

寒い時期の風呂場に注意(画像はイメージ)
寒い時期の風呂場に注意(画像はイメージ)

浴室は家庭内での事故多発箇所

   建築と健康の関係について研究している、近畿大学建築学部長の岩前篤教授は、統計で算出されている以上のリスクがある可能性を指摘する。

   「4~5000人という数値は救急車到達時に亡くなられていた人の数で、医療機関へ搬送後に亡くなられた人は含まれていません。搬送後の数値も含めると、入浴関連だけで1万8千人になると指摘する声もあります」

   警察庁が毎年発表している交通事故死者数(24時間以内)は、2009年以降4~5000人で推移しており、風呂場での事故死はその3倍以上のリスクがあるといえる。

   一般的に入浴時の事故原因といえば、冬場に暖かい居間などから、冷え切った脱衣所や風呂に移動することで心不全や脳血管梗塞を起こす、いわゆる「ヒートショック」が多いと言われている。

   しかし、最近では入浴時に脱力してしまい浴槽内で失神する、あるいは浴槽から立ち上がる時に失神するといったリスクがあることもわかってきた。立ち上がるという動作は心臓に大きな負担をかける。しかも、入浴したことで体が温まって血管が拡張しているため、失神しやすい状態を作り出してしまっているのだ。

   さらに、2014年に慶應義塾大学が実施した「入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究」によると、室温が低くなる冬は入浴時の湯温が高くなる傾向にあり、これによって熱中症になっている人が相当数いることも示されている。

   寒い時期に、体を温めるはずの場所である風呂場が、実は高いリスクを抱えた事故多発箇所になってしまっているのだ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット