文字サイズ
標準
大きく

医師への啓もう活動からスタートしたアンチエイジング――その歴史を振り返る(1)

   形成外科医で、「エイジングスタイル」編集長の塩谷信幸・北里大学名誉教授は、日本におけるアンチエイジング(抗加齢)医療の礎を築き、発展させてきた。塩谷編集長がたどってきたアンチエイジングの歴史を振り返り、「健康長寿社会」実現への思いをつづる。

塩谷 信幸 北里大学名誉教授 アンチエイジング医師団代表
塩谷 信幸 北里大学名誉教授 アンチエイジング医師団代表

出合いは20年前

   アンチエイジング医療の始まりは、1990年に米・ボストンのラドマン医師が、男性の老人グループに成長ホルモンを投与した臨床研究からだと言われている。そこから、ホルモン補充療法、Anti-Aging Medicine(抗加齢医学)へと進んできた。

   僕がアンチエイジング医療に本格的に取り組み始めたのは、今から20年ほど前。当時、専門の学会もできたばかりで、アメリカの医学会に出席すると、自然とアンチエイジングに関する話を耳にするようになっていた。

   ご存じの通り、アメリカはサプリメント大国。多くの人がサプリメントを使って健康寿命を保ち、なるべく医療に頼らないようにと考えている。はじめて米国でアンチエイジング医学会を訪れたとき、あまりの商業主義に驚いた。サプリメントの会社のブースが、所狭しと並んでいて、企業のイベントにひも付いた形で研究発表が行われていたのだ。実際、医師の間でもこの学会の評判はイマイチだった。

   でも、一人ひとりが「未病」を意識して病気になる前に予防したり、健康長寿を保とうとしたりする「アンチエイジング」の考え方自体は、いいと思った。これからの日本にも必要になるのでは、と感じたのである。

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット