文字サイズ
標準
大きく

「美しさ」を照明デザインで変えることはできるか Aging Style × GOOD DESIGNトークレポート

慶應義塾大学文学部心理学准教授の川畑秀明氏g
慶應義塾大学文学部心理学准教授の川畑秀明氏

   好評のAging Styleとグッドデザイン賞によるコラボレーショントークイベント「Aging Style × GOOD DESIGNトーク」が、東京丸の内のGOOD DESIGN Marunouchiで開催された。 4回目となる今回のテーマは「五感と空間 美の認知とデザイン」。感性心理学、認知神経科学分野の研究で知られる、慶應義塾大学文学部心理学准教授の川畑秀明氏と、照明デザイナーとして多くのランドマークの空間デザインを手掛ける武石正宣氏という、異なる形で「美」に迫ろうとする2人によるトークセッションとなった。

脳から美を科学的に分析する

   川畑氏は、美を科学的に捉えるために、脳の反応を手掛かりとして、人間が芸術や他者に対してどのように「美しさ」や魅力を感じているか、というユニークな研究をおこなっている。

   きわめて主観的な感覚でもある「美」が、脳の中でどのようなプロセスを経て取り扱われているかを分析、理解することで、美そのものも科学的に解明できるのではないか。つまり、美を脳から理解するというわけだ。

   その方法のひとつが、芸術作品を見ている人の脳をMRIで検査する手法だ。脳のどの部位が反応をしているかを解析すると、「美しい」と感じたときは「眼窩前頭皮質」が、「醜い」場合は、「運動野」が強く活動しているという。

   眼窩前頭皮質はおいしいものを食べたときや、金銭を受け取ったときに働く報酬系の一部で、運動野は体を動かすことに関係する部分だ。つまり、脳にとって「美」とはご褒美であり、醜いものからは遠ざかりたい、払いのけたいと感じていると推測できる。

   しかし、美しさや醜さは両極にあるわけではない。川畑氏らがおこなった脳へ電気刺激を与え、美醜の反応を分析する研究では、眼窩前頭皮質の活動を抑制するように刺激を受けた脳が「美しさ」だけを感じにくくなることがわかっている。

   「脳の反応から、美醜は共存していることが確認できます。フランシス・ベーコンやルシアン・フロイドらの絵のような、美と醜さを同時に感じさせる芸術が存在する理由も理解できるかもしれません」(川畑氏)

   しかし、美が生じるプロセスにはまだまだ謎も多い。視覚や聴覚、触覚、嗅覚といった感覚器官からの情報に加え、文化的背景なども複合的に影響して美が生じるが、これらの情報が脳で結びついて、「美しさ」を構成しているのか、「視覚的な美」や「触覚的な美」といった個々の美が脳で統合されて「美しさ」となっているのかは、まだわかっていない。

   我々が当たり当たり前のよう感じている美しい、醜いという感覚は、思った以上に複雑なようだ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット